Together Forever

無駄に長文。

せぶち初回公演見てきました。

さて。某所におります。

ヒマなんじゃ〜〜!!!

そう。お友達が大阪サイン会に当選致しまして、そのお友達は現在サイン会の真っ最中。彼女を東京行きの新幹線に押し込むまでがワタクシの使命なので、サイン会が終わるのを近くで待機中。

実は横の席に、正確にはカウンターの一つ開けた隣に恐らくは、韓国の?あるいは中国の?マスター様と思しき方がおられまして、ガンレフボディを置いてるし、超熱心にMVずーっと凝視されておられましてw 話しかけはしませんけどねwww

と言うわけで、大阪の最初の昼2時からの部を見て参りました。すんなり当たっちゃったんですよね。まさか、そんなに多くの人が落ちてるとも思わず…。他ペンがなんで当たるの!っというのもえぇ、たくさん読みました…。しかしコレばかりは…自分、自分のお目当さんのクジ系はど貧乏ばかりですからね(号泣 素直にありがたくコンサートに参加させていただきました。ちな席は一階後ろから3列目でしたw なので遠くから気楽に楽しませていただきました!

詳しいレポは無理なので、フンワリと思ったことを書いてみようと思います。ちなせぶちコンは初めてでありました。*1

まず、とにかく楽しかった。素直に思っていた以上に良かった。コレに尽きます。最初から最後まで本当に楽しくて、終わらないで〜〜>,< っていう気持ちが大きくて。そのくらい、楽しんじゃってました。音響トラブルで、登場のっけからいっぺんやり直したり、他でもやり直しありましたが、コレは滅多とないレアな回であろうと思うと貴重なコンだったかと。

とにかく、上手いんですね。歌もパフォーマンスも。人数多いから、ユニットでのパートももちろんあって、そこではそれぞれのチームの持ち味を生かしたものをやるわけですが、うわー凄い!!!と唸らされまして。ちょっと一体この子達!!!ですよ!ボーカルチームの「If you」絶品でしたね。一時調子が悪そうだったぶーちゃんも声の調子も良いようで、表情豊かで胸に迫る一曲を全員で届けてくれました。ドギョム君の声量んぱないしね。オリジナル曲も素敵過ぎた…。

他のチームもパフォーマンスチームは愛嬌たっぷり&キレッキレのダンス、ヒップホップチームは歌も歌えますし、4人で時にはイチャイチャしながら全女子の歓声を浴びまくっておりましたと。

トークも結構長くやってまして、わたしがいっちゃんウケたのは、ホールで座席なのに、最初からずっと全員立ってるファンがいたく不思議だったらしく、というのもソウルコンとか座ってみてますもんね、それで、みんなずっと立ってて、足は大丈夫ですか?ってメンバーが心配していたこと。ふふふ、日本コンのパワーも知っていただけたでしょうかw 何しろ若いし茶目っ気たっぷり。ちょっとシャイなメンバーに、さらには日本語できなくてゴメンなさいって…いや、うちのシナにいさん達は日本コン通訳なしの韓国語のみっすからwwwww 全然無問題じゃってなってましたw まぁシナが普通じゃないんですけどねw 通訳付きに慣れてないMCぶー君は、長く喋りすぎてすみません、短く、短くと言いつつ全然短くなってないおwっていうねw あげくに通訳さんに負けてませんでしたしw さすがwww 通訳はあの根本さんではと言われているようですね。細かいところまできっちり、ボソッとつぶやいちゃったものまで訳されていたのでw 色々面白かったです。

いっぷだで、なんと2回もやり直して、3度目の正直で最後まで!と言うハプニングもあったのですが、一回目止まった時は、カッコいいオープニングをもう一度見せてあげますねとかニクいwww 二回目はかなり曲が進んでたのに音が止まってしまい、そこから、じゃウェーブやってみようかってなって、会場を盛り上げまくりつつ時間を稼ぎ、三回目は最後までキッチリ!こんなこと滅多に無いのでしょうけど、ファンの不満や不安をスッキリ楽しさに変えてかっさらっていっちゃいました!!!

いや〜素直に楽しかったです。

最後メンバーが舞台を去って、終わっちゃった(涙 ってなってましたが、最後にかかったMVがこれまた楽しくて、頭降りまくってクラクラきてるうじ君かわゆ過ぎでしたw みんなでニコニコしながら鑑賞して、それでコンサート終了。最後の最後まで楽しかったです!!!

たまたま、隣の方もみんはおファンさんで、一緒に盛り上がりながら見ることが出来て、これまたありがとうございました!!!同じメンバーファンはツボも同じとこ多いので、本当に楽しかった^^ 感謝しきれませんでしたヽ(;▽;)ノ

せぶちはいいぞ。

機会があれば、次回はもっと大きな会場でもっと多くのファンが一緒に楽しむことが出来ますように!!!

*1:チョンジン先輩の次の週末コンずっとぶっ込まれてて、行きたくても2週連続渡韓はさすがにはばかられて、せぶちソウルコンは未だに果たせず。