Together Forever

無駄に長文。

clipbook到着と課題。

悩んだ末に注文した!でもう到着しました。

f:id:starmelt:20160930210421j:image

こんな外観です。材質は塩ビのレザー風で、皮ではありません(笑
とりあえず、試してみたいので、これで十分です。表紙の厚みも十分、手触りも良いです!

まだ、リフィルなどは付いてるままでいじってませんが、取り敢えずヲタ仕様の第一歩…!夏にに作って配った名刺サイズのカードをば(全て自分で撮影したものです。撮影OKな中国あるいはペンミなどで)。

f:id:starmelt:20160930210823j:image

ほらほら、良いのではないでしょうか(笑
自分だけ用ですもん、どうしようと思う通りにw

で、写真を色々入れたいと言うのがありまして、上が開いているビニールケースも一緒に取り寄せたのですが…が…

f:id:starmelt:20160930211050j:image

2Lサイズの写真入れて上下余ります。これは事前に大きさをチェックしておいたので分かっていました。が!そこじゃないのです。Clipbookは表紙ぴったりくらいですので、A5用のビニールケースだとはみ出てしまった…ヽ(;▽;)ノ

f:id:starmelt:20160930211301j:image

希望としては、リフィルと同じサイズで良いんです。なのですが、A5サイズのものを入れるためのものなので、こればっかりは。

考えました。穴の部分を折り曲げて同じところに穴を開ければ良さそう。いや、そこだけぶくっと膨らんでしまう。出っ張ってる部分を切って閉じる。テープで貼るとかちょっとぶちゃいくだなぁ。

苦肉の策?で、検索して、コクヨが色々なサイズのカードケースを出していると。その中の軟質でコピーインクなどが移りにくいという材質のものを発見。これを買ってみて、穴を開けてセットしてみようかなぁ。の前にダイソーにも似たようなのあるだろうから、見に行ってみてもいいかも…。

http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001001557832/index.html

さらに調べてると、国産メーカーが少し厚手でリフィルサイズと同じくらいのクリアファイルを出しているらしい。ふむふむ。

item.rakuten.co.jp

それと、インクジェットプリンターの両面印刷用の厚手の紙も売ってたりするので、フォトショでA5サイズの写真を用意して両面印刷して穴を開けても良いかなと思ったりも。それも有りだなぁ!と思ってたら、A5サイズのインクジェットプリンタ用両面写真印刷用紙なるものもあるようです。ひえ〜。これちょっとお高いので無理とは思うんですけど^^; うん、高いですし、うちのプリンタそんなに良いプリンタじゃないですし。もう何年前のなのっていう^^;;; しかし、あることはあるんだなぁ、A5サイズの写真用紙。知らなかったです。良いプリンターがあって作品としてプリントするならば…よさそうですね…無理でございます。
安いネットDPE利用で2Lサイズで焼いて挟むを目標でいこうと思います。でもメモ的に貼付けておきます、A5サイズ写真用紙。

item.rakuten.co.jp

というわけで、のっけからこう出来たら…ということが発生しちゃいましたw
まま、そういうのが楽しいのでもあります。
色々探していて見つけたものは使う、使わないを問わず、メモ的に貼付けておこうと思っています。じゃないと忘れちゃいますもんね^^;

あと、わりと英語とか韓国語とかへったくそではあるんですけど、訳作業するのが好きだったりで、最近はもうMacBook上でやっつけちゃうんですが、本当は実際に書いた方が格段に頭に入るというのはわかりきっているので、それようにも色々見て回ってて参考になるものを見つけました。

アピカ B5英単語ノート SW148T リーディング用

f:id:starmelt:20161001034720j:plain

これです!!!
自分の場合、たいがいこの反対な感じで今まで使ってはいたんですけど、あとひたすら矢印とかでひっぱって書き込みまくるとかもあるんですけど、商品としてあったんですね…!これを参考にリフィル作りたいです。てか…普通の横線入ってるリフィルに縦線引っ張るだけで良くない?という話も大アリですけど…w

どうも、システム手帳自体が使っている人は長く使っていらっしゃるようなのですが、それよりほぼ日とかトラベラーズノートとかモレスキンとか、最近はリング式じゃないものを使っている方が多いようで…あまり情報もないように感じるのですが、自分的には固定ノートより、中身をとりかえられるほうが何にしろ都合も良いし使い勝手も良いと思っているので、今回はちょっと本気でヲタノートを作ろうと決心しちゃってます。ふふふ…

しばらくはこのシステムノートをなんとかしよう系のネタが続くと思われます。