Together Forever

無駄に長文。

Googleフォームとメールの連携をしてみました。

さて、ふと気になったので、やってみたのであります。

最近、韓国Kポ系のファンダムの申し込みでもよく、GoogleフォームかNaverフォームが使われています。気にはなっていたんですよね。前に一度だけ別件で使ってみたことあるのですが、もう何年も前なのですっかり忘れておりました。

自分界隈では、fc2さんのカートを使っている場合が多いように思います。自分でそれを利用して何かをするということはしたことがなくて、もっぱら申し込みに利用するだけなので、詳しいことはわからないのですが、まぁ、あまのじゃく、人がやってみたいことやってみよう!というわけです。

ググれば親切丁寧に説明してくださっているブログがたくさんあります。フォームを作る自体は、感覚でほいほいでも簡単に作ることが出来ます。

でもそれだけじゃ考えてる機能を満たしているわけではなく…。

まだ実際にやるかどうかは決めてないのですが、申し込みを受け付けるとして、どういうか形で受け付けるのが自分も申し込んでくれる方も楽で簡単かというのを考えておりました。

申し込む方は、簡単に記入出来て送信出来ること。
自動返信メールにて申し込みに対する詳細を送れること。
自分宛にも申し込みがありましたメールが届くこと。
申し込みされた情報が見やすいこと。
日数、あるいは申込数で制限をかけて締め切りが出来ること。

ざっとこんなところでしょうか。

TwitterのDMでやりとりするのも可能ではありますが、面倒くさそうというのがありまして。同じ文面を何度も個別にコピペして送らねばならなくなりますよね。

というわけで、Googleフォームです。

フォーム自体の制作は感覚で簡単に作れます。

次にメールとの連携です。こちらのサイトを参考にさせていただきました。

こちらに書かれてある通りに、フォームを作ったら、Googleドキュメントに自動返信で送りたい文章を制作して保存(かなりな長文でも問題ありません!)、そしてスクリプトエディタを立ち上げて、上記のサイトのコードをコピペさせていただいて、自分なりにアレンジ。

これだけで、テストしてもちゃんと自動返信メールが、申し込んだ方にも自分にも別内容でちゃんと届きました。

こうすることによって、申し込んでもらって、まずはそれに対する返信を手動で…というのを省くことが出来ます。自分でやるのは、たとえば銀行講座に送金してもらうのであれば、
1:入金確認と確認しましたのメールを返す。
2:発送しましたの連絡をする。
(1、2をまとめてでも良いかもしれない)
の2つになるので、自分もわかりやすいのではないかと思います。

上で紹介したサイトにあるように、支払いの方法別に自動返信メールを送るということも可能なので、ググって出て来るサイトや、コードを参考にしてアレンジすることも可能なのは良いですね。

さて、次です。

用意した数だけ、あるいは申し込みの期限を切って、自動でフォームを閉じたい。これですね。これもググるとさっくり出て来ました。ありがたすぎますね。こちらのサイトにアドオンの紹介がありました。

Googleフォームで人数制限つきのフォームが作れるよ! - ホームページ制作のアウトプット

こちらに出ている「formLimiter」というアドオンをインストールします。
試しに数量制限してみて、自分のメアドを使って申し込みしてみました。ちゃんと数量行ったらフォームが閉じられました!設定欄に表示させたい文章を記入出来るのですが、日本語でもちゃんと表示されました。問題ありませんでした。ただ、締め切り送信数1に設定して試してみると、2回はフォームが表示されて送信出来ちゃうようなので、20で締め切りたい場合は19に設定しておいたほうがよい感じな気がします。

Googleフォームだと、募集して、例えば品物を発送するなど用事が完了したら、データもフォームもさくっと削除出来ますので、その点も一度限りのイベントなら安心かと思います。

さて…出来ることはわかりました。これを使うことになるのかな、ならないのかな^^;