Together Forever

無駄に長文。

レポ。「タブレット純 音楽の黄金時代 レコードガイド[素晴らしき昭和歌謡]」発売記念 限定特典ポストカードセット付トーク&ライブ+サイン会

こんばんは。

いやもう何ブログなのかわからない状態になっておりますね。

好きなものは好き、観たいものは観たいの!であります。

元々はガチ音楽ヲタだったはずなのになぜか現在Kポ中心という状態なのでありますが、何かの拍子にふと気になる方がいらっしゃったら頭の片隅のどこかにちゃんとあるんですよね。

わたしがタブレット純さんを知ったのはここのローカルの深夜番組ででした。仕事帰りになんとなくテレビつけてご飯食べてたら純さんが出演されて色々と面白い昭和歌謡のレコードを紹介してくださっておりまして、さらにはネタを披露しておられまして、えええ、何なのこの方は!ええええ、めっちゃ凄いんですけど!!!ってなって、その後つべなどを漁って観てたりとかして、がっちり脳みそに記録されておりました、タブレット純さん。

どうしてこのイベントを知ったのかすらもはや定かではないのでありますが、と書いていて思い出しました。ツイッターのamass.jpさんのつぶやきで知ったのでした。そこから知って駆けつけたって珍しいかもしれませんね。洋楽情報メインなサイトなので。とにかく、知った時どうしよう、観たいわ、観たいんだわと思って、結局チケット発売日はちゃっかりパソコンの前に陣取り、天皇杯だかのチケット発売が重なっていたためなかなか購入までたどりつけなかったのですが、無事購入、速攻発券に行ったら整理番号1番でおののいたのでありますが、速攻ホテルも早割で抑えとても楽しみにしておりました。その抑えたホテルが自分の現在のイチ推しさんがかつてイベントやったところの真横であったというのはホテルに辿り着いて思い出して涙したという次第でございます。あああ、そんなこともあったなぁ。

久しぶりの大阪遠征、現在の推しお友達がお休みなのでお茶でもということで、出てきていただいてイベント前までご一緒していただきました。ひたすら推しさんの話で盛り上がり、その最中に推しさん超久しぶりにインスタぶっこんでくるわ、推しさんの所属Gからのお知らせ有るわ、ちょいカオスっておりました。少々遅れてそれらをキャッチした私達。軽い浦島太郎状態でありました。

そしてわたしはイベントへ、お友達はお家へとお別れ。

なるだけ会場に近いところのホテルをそれも早割で抑えていたので、とりあえずしばしホテルで休憩して会場に出かけました。

アイマスKRの現場もとても暖かかったのですが、純さんの現場もガチなファンの皆さまがとてもお優しくて色々お話もして下さってとても感謝いたしました。みなさま東京からとか、他の地域から来られてる方が多いようでしたが、それだけ皆さん熱心に追ってらっしゃるのだなと思いいいなぁと思いまして。

そして会場。ままま、最前カウンターを確保。この会場はお酒含む飲み食いも充実しているところでして、なかなかこういった場所に出かけることがないのでおー!って感じでありました。そしてなんと舞台の一番まえのテーブルはその下が掘りごたつ形式といいましょうか、座れるようになっているので、純さんが目の前に…(どひゃ〜!

最初に書いておくと、今回はタブレット純さんの出演しているラジオを元にした、昭和歌謡のレコードガイド本の発売記念イベントでありまして、おそらくは普段とは違う感じだったのかなと思います。本を出版されたシンコーミュージックの担当の方がMCを努め色々と裏話も一緒に披露して下さいまして。本を出すにあたってのあれこれ秘話なども聞かせていただけてとても興味深かったのであります。

シンコーミュージック。MUSIC LIFEがなければ今のわたしは存在していないと言ってもよいくらいな笑 今もこうしてそこ関連出版ものにはお世話になっているのでありますね。ありがたいです。

イベントが始まり、目の前で見るタブレット純さんは非常に麗しく大変スリムで美しい方で、話すときは非常に可愛らしくて小さな声で話されるんですが、時折ドスの聞いた声で肝心なことを強調みたいな(笑)そこもとてもツボで。そしてかなりカジュアルにあれこれお話して下さったので、聞いていてもとても興味深かったし、なんと言いましょうか、ひっくるめて言うと、色々と苦労を重ねて来られたのでしょうけれど、一人の人としての魅力、好きなものをとことん突き詰める生き方、そして現在の様子、どれもとても魅力的な方だなと改めて思いました。素敵です、素敵なのですよ。

出版記念なので、本を担当されたシンコーミュージックの方がMCをして下さって、本を作るにあたっての裏話も色々お話して下さったのですが、本自体はラジオの音源をもらってそれを書き起こしたものなので楽だった?とか、イラストは全てタブレット純さんが書かれていて、しかし著作権にひっかかって許可を得るのに大変だったお話とか、そのイラスト原稿を純さんがまとめて書いちゃってくれて年代別に切らないといけなかったとか笑 そこを指摘されて、あぁまとめて描いちゃいましたって可愛いでしょほんと。

そんな感じでなかなか興味深いエピソードや純さんの旅行先でのお話などお人柄がうかがえるなんというかほのぼのエピソードから、大変だった時期もあったんですねというお話から、なにしろ初タブレット純さんのイベントだったのもあって、全てが面白かったです。そしてもちろん、歌は絶品でした。あのよく響く深い声でナマで聞くあれこれの歌。しびれました。今は歌手というより芸人さん枠なんでしょうか、いやそれでもこれだけ素晴らしい歌手なのですから、今後もっと知って下さる方が増えるといいなと思います。芸人さんとしてもとても面白いので、そちらからでもタブレット純ワールドに入っていただければと思います。

少しばかりメモってみましたのでどんな感じだったなかを少し。

本を出版するにあたってイラストを純さんがお描きになったのですが、アニメとかその他権利関係の許可を得るのが大変だったというお話。すんなりオッケーして下さったところもあれば、オセロの並べ方が反対だから直して下さいと言われたものの、大歓迎だったとか、大歓迎だけど何冊下さいって言われたとか、そういった裏話。この日特別についていたポストカードはその辺りの変更をしていない特別バージョンのイラストだとのこと。嬉しいですね。純さんが年末ボランティアで行っているところに出かけた時の話。それまでにも何度も行ってらっしゃったようですが過去色々あったようです。そこでふるまわれた絶品のお雑煮の話。などなど。最後のQ&Aのコーナーでは色々と面白い話がありまして、純さんのヘアスタイルについては、パーマを掛けたときはそんなでもないのに、今7,8ヶ月たってて今がちょうどこんな感じなんですとのこと。見事なカールで麗しいヘアスタイルでありました。また、お風呂が大好きで一日に2,3回入ったりする、行く先々でお風呂屋さんを探すとか、その土地の美味しいものも食べていらっしゃる模様。面白かったのが、そんなだから、今回のイベントもライブハウス集合?みんなてんでばらばらにやってきたそうです笑 はたまた、純さんお酒をよくお召し上がるようですが、ほんっと食べないと編集さん。一緒に飲んでいる間、しめ鯖一切れしかたべてなかったじゃないって言われてました。すごい…だからあのスリムさなんですね(反省しきり。以前はただ呑むだけだったのに、最近は呑むとなにか胃に入れないとツラいっていういけませんね…)。他に何があったかな。そうそう、苦労していたときの話。詳しくは書かないほうがよいのでしょうけれど、どうして今のタブレット純になったのかにもつながるお話でした。はたまた小学生のときにマヒナにハマって家族会議開かれちゃって、これは人の前で聞くのはやばいのかと屋根裏にレコードを隠しておいて、人が居ないときに聞いていたとか、そのすじの著作をたくさん持っている方と中学生のときに文通を始めたのだけれど、年が若いのがバレるのがいやで、かなり年上の設定でやりとりをされていたそうで、書き文字がかなり渋いのでバレなかったと笑 後年その方にお会いしたときにバラしたら、全然わからなかったと言われたそうです笑 いやもう、そう、わたしも辺境ロックバンドマニアで長い間あれこれやってたんでその気持、その行動とっても親近感がありました笑 さらには未だにガラケーで、それで全ての原稿を書いていらっしゃると…。1000文字の原稿書いてるんだけど、ともおっしゃっていて、びっくりしました笑 ブログももちろんそのガラケーから全て更新されているそうです。そんなタブレット純さんです。

最初のほうで大阪で漁りましたというシングルレコードをかけて下さいました。

レコード紹介
フランク永井 西銀座駅前・大阪野郎・星になりたい
ジュン友美 ジュンちゃん・あなたなんか死んじゃえば
ジローズ 涙は明日に
ロックキャンディ あなたの世界・幸せの日々

歌って下さった曲
はしだのりひこ さすらい人の子守唄
海原千里・万里 大阪ラプソディー
(間にこいさんのラブコール、お百度こいさんを少し)
フランク永井 大阪ロマン
ワイルドワンズ バラの恋人
RCサクセション たどりついたらいつも雨ふり
藤山一郎 丘を越えて
渥美清 男はつらいよ
遠藤賢司 あなたのすべてを
タブレット純 夜のペルシャ
水原弘 君こそわが命

必死にメモってましたが、抜けてるのもあるかと。ツイッターでセトリを流して下さっていた方がいらっしゃったので答え合わせに参考にさせていただきました。ここで言ってもなんですが、ありがとうございます。

f:id:starmelt:20180110050649p:image

そんなこんなで、歌いながら会場を回って握手して下さったり、終わった後はサイン会とツーショット撮影があり、普段Kポ行ってるわたしとしてはなんて素晴らしいってなってました。本は入場時に購入でしたが、CDを買うとツーショットがつくのですが、CDも買ってるからと本にサイン、色紙にサインもしていただき嬉しすぎました。

楽しいお話と素敵な歌声。司会をして下さったシンコーミュジックの担当さまもありがとうございました。新年一発目のライブがこんなに素敵で素晴らしいものだったことに感謝であります。

知ってから1年以上たってるかと思うのですが、ずっと気になっていたタブレット純さんの歌うお姿と、レコード紹介を見ることが出来て本当に良かったです。また西日本のどこかでイベントがあればぜひ駆けつけたいと思います。東京は遠すぎてむりです笑

とても楽しいライブでした。ありがとうございました。